情報を出力するための代表的なIT機器であるプリンタの陥りがちなトラブル対処方法の事例についてお話します。

IT機器のグレードアップで作業効率が変わる

情報を出力するための代表的なIT機器であるプリンタ

プリンタは、情報を出力するための代表的なIT機器です。プリンタがなければ、印刷できません。ですから、紙に出力するためには、必ずと言っていいほど使用するでしょう。しかし、トラブルが多いのも現実でしょう。でも、冷静に対処すれば、トラブルを回避できます。ここでは、陥りがちなトラブルとその対処方法をお話します。まず、出力用紙を何らかのガイドがありますから、それに沿って、きちんと挿入しましょう。紙詰まりのほどんどが、これができていないことによります。湿度が高いときは、紙がくっつくような場合もありますので、パラパラと空気に触れさせてから挿入することも予防になります。また、挿入する紙の量が多すぎても紙詰まりの原因になりますので、適切な量の紙を挿入しましょう。

次に突然、文字化けした印字がして、故障したかのように出力し続けることがあります。原因は、パソコンの接続がうまくいっていない場合、このような症状が出ることがあります。電源を落としてから、ケーブルを抜いて、刺しなおしてみましょう。きっと接続不良が解消して、正常に出力されるようになります。プリンタの移設や交換により、パソコンにプリンタドライバがない場合があります。このままでは、どうしようもありません。自動的に認識する場合もありますが、どうしてもできない場合は、インターネットに接続しているのであれば、機種や型名で検索して、ドライバをダウンロードできるようメーカーが配慮しています。よほど特殊なプリンタでない限り公開されていますので、手順に沿って、ドライバをインストールしましょう。プリンタの陥りがちなトラブルとは、以上のことでほとんど対処できるのではないでしょうか。

関連リンク

Copyright 2017 IT機器のグレードアップで作業効率が変わる All Rights Reserved.