IT機器で利用しているプリンタでは、インクの残量の管理が必要になります。パソコンや本体がしてくれます。

IT機器のグレードアップで作業効率が変わる

IT機器においてプリンタはインクの残量がわかる

年賀状などの大量の印刷をしているとき、インクの残量がどんどんなくなっていくことがあります。そして、とうとうある色がなくなって、少し変な印刷になってしまうことがあります。カラー印刷をするとき、何万色の色を表現できますが、それぞれに色を持っているわけではありません。ある色を組み合わせて作っています。一般的には、イエロー、シアン、マゼンダを足します。それぞれの色があればよいですが、なくなれば、その色なしでの印刷になるのです。

もし事前になくなるのがわかっていれば、無駄な印刷を避けることが出来ます。また、慌ててインクを買いに行くこともありません。なくなればインクの補充が必要になってきます。IT機器において、プリンタでは、インクの管理が大事になるのです。あるメーカーのものは、半透明の容器になっているので、細かく見ておけばインクがなくなったかどうかがわかります。でも別のメーカーのものは、中の状態がわからないので、残量もわからなくなっています。

残業について、一定の情報を提供してくれる機械があります。まずは、印刷途中にパソコンの画面上に情報を流してくれるものです。何色が今どれくらいと表示してくれています。満タンある、中くらい、かなり減っていることがわかります。さらに、もうすぐなくなる注意段階では、購入などの準備に気づかせてくれます。そしてとうとうなくなってしまったときは、その場で交換するようにします。しばらく印刷できることもありますが、機械が傷むこともあります。

関連リンク

Copyright 2017 IT機器のグレードアップで作業効率が変わる All Rights Reserved.